FC2ブログ

ペットホテル トリミングサロン le・Ciel

http://doghotelleciel.web.fc2.com/

カテゴリー "店長の独り言" の記事

店長の独り言Part.3

第三回店長の独り言

いつもブログをご覧になっていただいております皆様
第一、二回店長の独り言では数多くの拍手や「いいね!」を
いただきありがとうございました。

店長の独り言では、店長の気持ちを勝手気ままにブログに
アップさせていただいております。
当店スタッフの考えやConceptも見えてくると思いますので
是非ご覧ください。


まだ第一、二回店長の独り言をご覧になられていない方は
是非ご覧ください。
第一回店長の独り言はこちらをクリックして下さい。
第二回店長の独り言はこちらをクリックして下さい。

第三回店長の独り言では、当店のこだわりではなく、
愛犬と一緒に遊べるドッグランについて記載しますので、
ご興味のある方は最後までお付き合いください。

皆さんはドッグランを使用したことがありますか?
ドッグランとは愛犬をノーリードで放せて、自由に遊ばせれる場所です。
近年では、旅行などの長距離移動に愛犬を連れていく方も増え、
わんちゃんのストレス軽減の為に、高速道路のサービスエリアや
道の駅などにも多く出来てきています。

ドッグランは愛犬をノーリードで放せるか場所だからこそ
飼い主様のモラルが問われる場所だということをご存知でしょうか?

(1)狂犬病、混合ワクチンの予防接種をしている。
(2)現在、伝染病・皮膚病・下痢などの時は利用しない。
(3)発情期の時は利用しない。
(4)排泄物の処理はすべて各自に責任を持って処理をする。
(5)ドッグランに入ったら愛犬から目を離さない。
(6)この他にもドッグランによって各ルールがありますのでそれに従う。

当たり前のことなのですが、そのルールを守れない方がいます。

高速道路のサービスエリアや道の駅など無料ドッグランを使用した際、
排泄物の処理をせず、そのまま帰ってしまう飼い主様がいると、
お客様や私の友達から数多く聞いています。

排泄物の処理に関しては、他の犬が踏んでしまったり、
犬を飼っていない方や犬が苦手な方に臭いや衛生面で不快な思いを
させてしまい、せっかく無料のドッグランが増えているのに、
飼い主さんのマナーによって、わんちゃん達のストレス軽減場所を
減らしてしまいかねません。

そして、一番よく聞く声は
(5)ドッグランに入ったら愛犬から目を離さない。に対する声です。

先日、しつけに関する相談を受けていた時、昔は他のわんちゃんに
社交的だったのに、初めてドッグランに行った時、
複数のわんちゃん達と飼い主さん達がドッグラン内にいたので、
「初めてなんですが、入っていいですか?」と声をかけたそうです。
飼い主さん達は「どうぞ」というのでリードでつないだまま、リードを
持って入ったのですが、わんちゃん達だけが一斉に走ってきて囲まれ、
吠えられてしまい、噛まれはしなかったんですが、
それ以来、他のわんちゃんを見ると吠えたり、唸ったりするんです。と…
完全にトラウマになってしまった子が来ました。
(しっかり挨拶のできるわんちゃんとゆっくり時間をかけて一緒にいたり、
遊ばせたりすることで、わんちゃんが怖くないということを教えて
あげれば、改善する子がほとんどです。)

私はマナーとして
<入る時>
必ず「わんちゃん大丈夫ですか?」と一声かける
大丈夫の場合はすぐに離さず、リードでつないだまま、リードを持って、
先にいるわんちゃんに挨拶をし、相性などを判断し遊ばせる。

<先にドッグラン内にいる時>
愛犬から目を離さず、入ってくる方に声をかけ、
愛犬にリードをつけて挨拶をさせに行き、ダメな場合は自分が出ます。

私も昔、高速道路の無料ドッグランで、先に入っている状況で、
声をかけてリードをつける為に待ってもらおうとして
「ドッグランなのに何で待たないといけないの?」
「フリーにできる場所なんだし、うちの子は大丈夫なのになんでよ」と
言われたことがあります。

挨拶もなしで相性とかわからない子を一緒にするのは
どうかと思いましたし、もちろん、そのわんちゃんは完全に
しつけができていて、楽しく一緒に遊べたのかもしれませんが、
遊んでいる最中にケガをしたら何を言われるかわからないと
怖くなったのを憶えています。一愛犬家としては、悲しい思い出です。

ドッグランにいるときは、他の飼い主さんとの情報交換やお話は
楽しいと思いますが、愛犬から目を離さず、入ってくる方に気を配り
みんなでドッグランを共用しましょう。そうする事で、わんちゃんを
飼っている方のモラルが上がり、ドッグランが増え、よりわんちゃん達が
生活しやすい環境になることを望み行動して欲しいと思います。

私達もルール、マナーをしっかり守り、皆様に呼びかけていきたいと
思います。



お客様の多くから「ここのドッグランがオススメだよ。」などの声を
たくさんいただいております。しかし、私(店長の長谷川)は
富山に来て間もないため、聞いた情報でしかなく、良いドッグランを
お探しでお困りの飼い主様にオススメすることが出来ていません。
実際に自分の目で見たり、各オーナー様や担当者様に話を
聞いたりしてからオススメしたいので、ブログにてドッグランカテゴリーを
作り、随時ご紹介していきたいと思います。
順番等は私が行けた場所から順に記載していきます。
※場所や情報は記載させていただきますが、お客様のマナー等は
 わかりかねますので、足をお運びの上ご判断していただければと
 思います。

私達の考えるペットショップのスタッフは、
皆様の質問や疑問にお答えするのが仕事です。
数多くの分野の勉強を日々しなければなりません。
ですので皆様の疑問や質問がスタッフを成長させます。
分からないことなどありましたら、
是非遊びに来てスタッフに聞いて下さい。
皆様で良いペットショップを作るお手伝いをお願い致します。


日々更新しているブログですが、なかなか皆様に見ていただけているか
分かりづらい為、形に残るコメント・拍手・「いいね!」をしていただけると
励みになります。拍手クリックお待ちいたしております。

続きを読む

店長の独り言Part.2

第二回店長の独り言

いつもブログをご覧になっていただいております皆様
第一回店長の独り言では数多くの拍手や「いいね!」を
いただきありがとうございました。

日々更新しているブログですが、皆様に見ていただけているか
知るすべがご来店時に「ブログ見てるよ」とお話ししていただいた時
だけで、形に残るコメント・拍手・「いいね!」をしていただけると
とても励みになります。

第一回店長の独り言をご覧になられていない方は是非ご覧ください
第一回店長の独り言はこちらをクリックして下さい。

当店の沢山あるこだわりの中で、第二回店長の独り言では、
ペットホテルに関してのこだわりを記載しますので、
ご興味のある方は最後までお付き合いください。

私達le・Cielのペットホテルではサークルでのお預かりをしております。
シエル店内2

大型犬・中型犬を飼われている飼い主様の多くにペットホテルは
狭すぎるという声や、多頭飼い(大型犬・中型犬・小型犬)の
飼い主様で同じ部屋でお願いしたいという声をいただき、
できるだけ広い空間でお預かりしております。
ペットホテル
モデル犬 ゴールデンレトリバーのラックちゃん
ペットシーツはワイドサイズ60×45cm(イメージ)
※隣のサークルには相性を見てわんちゃんを配置します。
場合によっては間に板を挟んだりします。

大型犬・中型犬や多頭飼い(大型犬・中型犬・小型犬)の飼い主様の
安心できる環境で、できる限りお値打ちな価格で良いペットホテルを
作って欲しいという声を多くいただき、コストパフォーマンスの実現に
心がけております。
ペットホテルの価格表はこちらをクリックして下さい。

その皆様からの声をオーナーと相談しペットホテルを作りました。

<サークルでのお泊りの理由>
近年、わんちゃんは室内で飼われている方が多くなり、
家の中をフリーにしている飼い主様や
犬の部屋を1部屋作る飼い主様が多いと思います。
そんなわんちゃん達を急にゲージ・バリケン・クレートと
呼ばれる小さい空間のなれない環境でお泊りをさせると
ストレスがかかってしまう子もいます。
そこで私たちはサークルでのペットホテルを採用いたしました。

<ペットホテルで一番大事だと思っていること>
一日中ゲージ・バリケン・クレート等に入れっぱなしで、
お泊りのわんちゃんとの触れ合う時間がお散歩と食事だけでの場合、
誰かもわからない人と散歩をしてわんちゃんは楽しいのでしょうか?
わんちゃんの食事はただ食べるだけのことなのでしょうか?
という疑問が湧きます。
飼い主様の愛情には敵いませんが、少しでも自分を理解している人、
知っている人と行く散歩の方が安心でき楽しいと思いませんか?
食事も飼い主様からもらえる嬉しさがあると思いませんか?

私達の考えるペットホテルで一番大事なことはわんちゃんと
スタッフが一緒に遊べるかです。私達は、営業時間中必ず
お泊りの子の近くにいて手が空けば広いスペースで遊びます。
コミュニケーションをとって私達を理解してもらえる環境を作ります。

※ゲージ・バリケン・クレート等でのお泊りができることは
とても大事なことです。動物病院の入院やペットホテルでは
ゲージ・バリケン・クレート等でのお泊りが主流の為
広いサークル・個室などのいつも利用しているペットホテルが満室で
予約が取れなかった時、家以外ではケージでの生活をしなければ
ならないことがあります。急にケージで寝なければならなくなてしまった時
少しでもストレスを軽減できるように練習も必要となります。

夏休みや大型連休は数多くのペットホテルの予約が入ります。
le・Cielではペットホテルの数が限られているため
お早目にご検討いただけますよう宜しくお願いいたします。
※ホテルのご見学は、いつでもお気軽に愛犬と一緒にご来店ください。

睦夫

私達の考えるペットショップのスタッフは、
皆様の質問や疑問にお答えするのが仕事です。
数多くの分野の勉強を日々しなければなりません。
ですので皆様の疑問や質問がスタッフを成長させます。
分からないことなどありましたら、
是非遊びに来てスタッフに聞いてください。
皆様で良いペットショップを作るお手伝いをお願い致します。

ブログ拍手がスタッフの励みになります。
拍手クリックお待ちいたしております。

店長の独り言Part.1

オープンして約1ヶ月が経ちました。
数多くの出会いがあり、楽しい日々を過ごしております。

店長である私(長谷川)の前職は犬猫のサプリメントや
こだわりのドッグフードを全国に卸をする
営業マンを8年間しておりました。

ペット業界の厳しさに数多く直面しながらも一生懸命頑張っている
ショップさんのお手伝いをしながら仕事をしていると、
正直数多くの葛藤がありました。

その経験を活かし、当店オーナーと話し合い、意見を出し合い
オープンしたのがle・Cielです。

各ペットショップさんもこだわりがあると思いますが、
当店には数多くのこだわりがあります。

基本的なこだわりについてはホームページにてご紹介しておりますので、
le・Cielのホームページはこちらをクリックを見てください。

その他にも当店のこだわりは沢山ありますが、
店長の独り言part.1では、制服に関してのこだわりを記載しますので、
ご興味のある方は最後までお付き合いください。

<制服について>
私は幼い時から動物が好きで、
物心つくころには柴犬を飼っていました。
他人になれることのない性格で、
外飼いで、1ヶ月に1回シャンプーをする程度の愛犬でしたが、
本当にかけがえのない子でした。そんな愛犬を
ペットホテルに預ける際に疑問に思っていることがありました。

それはなぜ、ペットショップの多くは夏はTシャツやポロシャツ、
冬は薄手のシャカシャカジャンバーなのかという点です。
うちの愛犬は決してきれいじゃないかもしれませんが、
犬は汚れてもいい服でしか対応してもらえないのかなと
残念に思っておりました。

私服でやられているショップさんも多くなってきましたが、
お店のイメージと合わせ制服はオーナーと相談し決めました。

制服


※その他のカラーバリエーションもあります。

私達の考えるペットショップのスタッフは、
皆様の質問や疑問にお答えするのが仕事です。
数多くの分野の勉強を日々しなければなりません。
ですので皆様の疑問や質問がスタッフを成長させます。
分からないことなどありましたら、遊びに来てスタッフに聞いてください。
皆様で良いペットショップを作るお手伝いをお願い致します。

ブログ拍手がスタッフの励みになります。拍手クリックお待ちいたしております。

富山市 ペットホテル トリミング ペットフード
le・Ciel(ル・シエル)
076-471-7723
le・Cielのホームページはこちら